Xサーバーで運用しているサイトのデータ転送量確認は次のところでできます。

1.サーバーパネルの「統計」>「アクセス統計」

エックスサーバー アクセス統計

2.ドメイン選択画面で、転送量確認をしたい対象ドメインを選択。

エックスサーバー アクセス統計確認画面

3.アクセスの解析一覧から「X Analyzer」>「閲覧」

エックスサーバー アクセス解析確認画面

4.「日別アクセス数」>「転送量」

エックスサーバー 転送量確認

注意点としては次のようなことがあります。

⇒事前にアクセス解析利用設定を行っておく必要がある。

エックスサーバーでは現在、サーバー側のアクセス解析(X Analyzer)はデフォルトでは利用する設定になっていません。
サーバーパネルから「統計」>「アクセス統計」>対象ドメイン選択>「アクセス解析の追加」から、利用するように設定を行う必要があります。

エックスサーバー アクセス解析利用設定

⇒転送量確認はドメイン毎

アクセス統計の確認はドメイン毎になっています。
運用ドメイン全ての転送量を一括で確認、といったことはできません。

⇒アクセス解析はリアルタイム反映ではない

「解析は6時間に1回」となっています。

急にアクセスが増加したので、いまの様子をチェックしたいといったニーズには、このXserverに搭載されているアクセス解析では対応できません。