エックスサーバーが2018年9月6日(木)より、「ブラウザキャッシュ設定」機能の提供を開始しています。

サイトへのアクセスがあったとき、レスポンスヘッダにブラウザのキャッシュ利用を指示する設定(Expiresヘッダ)を付加するというものです。

これにより、同一ファイルへの再アクセス時にはブラウザ側のキャッシュファイルが利用されるようになり、表示速度の向上や転送量の軽減を行うことができます。

機能提供の対象は、エックスサーバーおよびエックスサーバービジネスの全プランです。

利用するには、サーバーパネルにログインして設定を行います。

ドメイン選択画面になりますので、ブラウザキャッシュ設定を行いたいドメインを選択します。

OFFになっているので、「ON[全ての静的ファイル]※推奨設定 」もしくは「ON[CSS/JavaScript以外]」を選んで、設定変更(確認)ボタンを押します。

この設定変更画面で選べるのは次のいずれかになります。

ON[全ての静的ファイル] ※推奨設定 CSS/JavaScriptを含む全ての静的ファイルに対してブラウザキャッシュ設定が有効になります。
ON[CSS/JavaScript以外] CSS(.css)、JavaScript(.js)を除く静的ファイルに対してブラウザキャッシュ設定が有効になります。
OFF 全てファイルに対してブラウザキャッシュ設定が無効になります。