XサーバーのWEBサーバソフト、いまは「nginx」(エンジンエックス)が採用されています。

XサーバーのWEBサーバソフトは「nginx」(エンジンエックス)

 

以前はApache(アパッチ)でしたが、2017年9月14日から基盤システムにnginxが追加導入されました。

(提供開始日は、利用しているサーバーによって違いがありました。一番早かったので2017年9月14日)

サーバーソフトウェアとして高速なのは、

LiteSpeed > nginx > Apache

と言われています。

エックスサーバーは、そのうちのnginxを使っていることになります。