Xサーバーのスペックですが。

いまの最新だと、48コアCPU&512GBメモリ といったものになっています。

対象サーバー

2020年2月27日10時以降に発行されたサーバーアカウント(すべてのプラン)。

sv10001.xserver.jp以降のものです。

スペック

CPU

AMD社の第2世代「EPYC」プロセッサー(コードネーム「Rome」)。

サーバーあたりのコア数は、48コア96スレッド。

搭載メモリ

512GB。

インターフェース

「オールNVMe」RAID10(ストライピング+ミラーリング)構成。

単体でも高速なNVMeをストライピング構成にすることにより、オールSSDなど従来のサーバー環境と比較て、読み込み速度が最大で14倍以上に向上しているそう。

ストライピングとは

複数台のディスクを使用することで、データの読み書きを効率化し、処理速度を向上させる仕組みになります。

ミラーリングとは

同じデータを複数台のディスクに書き込みすることで、耐障害性を高める仕組みになります。

既存ユーザーへの対応

すでにエックスサーバーを利用中のユーザー(sv1~sv9999.xserver.jpのサーバーを使っているユーザー)にも、無料で新仕様サーバーへ移行できる機能が提供される予定となっています。

サーバー移行機能は早ければ3月下旬~4月上旬頃にリリースできる見込みとアナウンスされていました。

もうすぐですかね。

ちなみに、私が利用中のサーバースペック

管理人が使っているXサーバー(sv5000番台)のスペックは、次のようになっています。

CPU Xeon E5-2640 v4( 2.40GHz ) x 2
メモリー 192GB

「Xeon E5-2640 v4」のスペックを調べてみると、10コア20スレッド。

×2となっているので、20コア40スレッドということになるのかな?

いずれにしろ、いまの最新サーバーのスペックと比較すると、ちょっと見劣りする感は否めません。

でも、今後最新サーバー環境に無料で移行ができることになるかと。

こういった進化も嬉しいのがエックスサーバーだ!