レンタルサーバーのXサーバー。

機能拡充され、ads.txt設定がサーバーパネルからできるようになっています。

(2019年11月7日提供開始)

ads.txt設定ってのは、Google AdSenseなどの広告配信サービスを使っていると、設定を求められることがあるやつですね。

テキストファイルで作って、FTPソフトでアップすればいいものですが、サーバーパネルからできるのは気持ち的に安心かも。

間違いが起こりにくそうだからかな。

ただ、サブドメインに設置したads.txtファイルの編集などは(サーバーパネルからは)できないようです。

設定画面はこんなふうになっています↓

Google AdSenseの設定の場合、入力するべき値はこうです。

広告システム google.com
サイト運営者ID pub-●●(←●●は16桁の数字コード。アドセンス管理画面で調べる)
契約種別 たいていは「DIRECT」かと。サイトに表示させているアドセンスのアカウントが自分が管理しているものでない場合は「RESELLER」。
認証機関ID f08c47fec0942fa0

ちなみに、すでにads.txtをテキストファイルで作ってアップしているドメインはどうなるかと見てみたところ

 ・

 ・

 ・

こんなふうに表示されました。

ファイルを読み込んで、情報を表示してくれるのでしょう。

で、編集ボタンを押すと内容を変更できる、と。